オバマ氏の誕生日は8月4日です。
下院民主党員は2013年7月31日に米議会についての会にバースデーケーキをオバマ大統領に提示しました。
彼は、そうしたければ、叫ぶでしょう。
また、実際に、彼を非難していただけませんか。
どんな大きな議題項目も解決せずに、金曜日にワシントンを出て5週間の休憩に向かった、跳ね上がる野馬のコングレスと、最高司令官の思慮(また忍耐)をテストする、一連の急成長する国際的な危機の間で、それは恐らく大統領です、今年彼の誕生日購入予定リスト上のすべてを受け取るとは限りませんでした。

2009年には、ホワイトハウスの新聞報道課によれば、友達と家族とのあるボウリングおよびバスケットボールのためのキャンプデービッドに向かう前に、大統領はアドバイザーおよび上院民主党員に会う彼の48才の誕生日(ホワイトハウスの彼の1番目)を始めました。
彼は、その後ロシアのプレジデントDmitryメドベージェフから挨拶をさらにおごられました。この人は彼の誕生日に彼をよく望み、かつ米国とロシアの間の両国関係について議論するためにオバマ氏に電話しました。

その時に、オバマ氏は、医療保険制度改革総合対策を通るようにコングレスに強く求めることにより、任期の初期の勝利に基礎を置こうと努力していました。
彼の簡潔な誕生日退却は、嵐の前の静けさであると分かりました。
8月の残りの間じゅう、コングレスが休憩でそうであるとともに、議員は民主党員の医療保険制度改革提案に反対だった保守主義者からの耳障りな町役場抗議に直面しました。
議員に叫ぶ腹を立てた要素の光景は、オバマケアとして知られるようになったものへの熱烈な保守的な反対の早期指標であると分かりました。