情けないお話ではありますが、私は過去にお付き合いした男性(元カレ)数名に浮気された経験があります。
当時は友人からの情報や、携帯電話のメールで浮気が発覚し、精神的にもそうとうやられてしまい元カレにはすぐに別れを切り出していました。
浮気されるのって本当に辛いことですよね。

重ねて情けないお話にはなるのですが、私には今現在お付き合いさせていただいて三年ほどになる彼がいます。
実はこの彼にもお付き合いを始めてから一年ほど経った時期に浮気をされてしまいました。
この浮気が発覚する二ヶ月前くらいから何だか怪しい気はしていたのですが今までの経験を活かし発覚までの行動は慎重に行いました。
証拠も不十分なまま問いつめても、悔しいですが否定されてしまったらそれまでですからね。

まずは何と言っても彼の行動を記録することが大事だと思います、勿論バレる事が絶対にないように行います。
まるでストーカーのようでこんな事をしている自分にたまに嫌気もさしますが記録はとても大事だと思います。
それからはやっぱり携帯電話のチェックです。他人の携帯電話を覗く事は最低な行為かもしれませんが、浮気を発見するにあたって携帯電話は最重要アイテムと言えるほど貴重な情報源になりますからね。怪しいメール、電話の履歴が無いかなどを彼が寝ている隙に細かくチェックしていきます。メールの場合送信・受信履歴を照らし合わせながら見たりもしました。
私の彼の場合、女性からの受信メールに返信済みの矢印のマークが付いているのに送信メールが削除されていて話がかみ合っていない、なんてことがありました。
小さな事かもしれませんがこれも大事な証拠となっていくのではないかと思います。
あとは彼の行動記録とメールの受信日時を照らし合わせたりもしました。
○月○日は男友達と飲みに行くと言っていたはずなのにメールでやりとりしていたのは女性だったという事もありました。
後はSNS上でのメッセージのやりとりもチェックしました。今回の浮気はこのSNSでのやり取りが決定的な証拠となりましたね。探偵事務所や興信所を使うのも手だとは思いますが、100万以上の調査費用がかかることもありますからね。
SNSのマイページなんて他人に見られる事は滅多にありませんし、きっと彼も油断していたのでしょう。
「今度はいつ会えるの?」「早く会いたい」など、浮ついたメッセージのやり取りが沢山出てきました。もうこれは決定的な証拠になりますよね。
しかしこのメッセージも彼に消されてしまっては意味が無いのでしっかりと浮気メッセージ画面を写真に収めました。

あとは彼に直接、小さなことから問いつめていきました。
最初はやっぱり否定していましたが、いくつかの証拠を並べ最後にSNSメッセージの例の写真を見せつけたところ白状しました。
彼は泣いて謝ってきました、いくら浮気がバレたからといい男のこういう涙を見たのは初めてだったので驚きました。
すごく悲しいし悔しいし辛かったのですが、まあ男はこういう生き物なのかと、今では私も開き直ってしまい彼とのお付き合いを継続しています。
また浮気されるかもしれないという恐怖はありますが、その時はまた慎重に行動・記録・チェックです。皆様も是非お試しあれ。